出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

どんくさい鳥。

車道で一羽の鳥が車に轢かれて死んでいた。

親から、車にはねられた動物を見たときには可哀想だと思ったり同情してはいけないと言われていたのを思い出した。

その理由はなんでなのかわからない。霊になったその動物が同情した人に憑いてくるとか、不吉なことが起こるとか言われてるけど、本当にそれが理由なんだろうか?

もしもそれが本当の理由だとすると、あまりにもこのご時世にしては非論理的な話だし、それならはねられた動物可哀想って思うのが普通やん、と思う。

そしてまたもしも実際にはねられた動物が憑いてきたとしたら、それくらい背負えるような人間になりたい。

 

僕はこれからも道で轢かれた動物を見たら、「痛かったやろなぁ」と小声で呟こうと思う。

それくらいしか出来ないけど、それくらいが出来るような人間であり続けたい。