出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

笑いのIQ。

どうも、管理人です。

 

暑くなってきましたね。。

これからどんどん気温が上がっていって、最終的には地球が溶けてなくなってしまうのではないかと感じてしまいます。そんなことはないでしょうが。

 

人を傷付けて笑いを取る

テレビ番組とかで、執拗に一人をいじって笑いを取る場面をよく見かけます。いじる側といじられる側の信頼関係があれば問題はないのでしょうが、これを日常生活で実践する一般人がいるようです。

例えば、AさんとBさんがいるとします。Aさんは友達のCさんと話をしようと思ってCさんに喋りかけるのですが、Bさんはそれを見て「おい、A。Cさんに気軽に喋りかけんなよ。」という言葉をかけます。この時Bさんは少しニヤけた顔で言っていたため、Aさんは少し面食らいますが、冗談かと思いながら苦笑い。

しかし、その後もCさんに喋りかけようとするとBさんから同じようなことを繰り返し言われます。これではCさんもAさんと話ができずにストレスが溜まります。AさんとCさんはBさんのイジりのせいで会話をずっと制限されている状況です。これには周囲の人たちも苦笑い。

これ、バラエティ番組とかでたまに見る光景だと思います。業界用語でいう天丼ってやつですかね。

しかし僕はこのBさんに対して少しの面白さも感じることができません。Bさんは人の会話に勝手に制限をかけて、それを周囲に見せて笑いを取っている節があるからです。

最初のうちは面白がる人もいるでしょう。でもあまりにもそのイジりが多すぎたりすると、「この人なんでAさんにばっかり強い口調で話すんだろう」とか思い始めると思います。つまり、誰も笑わせてなんていないのです。

僕は他人から面白いと言われる事が好きで、その為に大事にしていることが2つほどあります。

 

①人を傷付けずに笑いを取る。

②仮に人を傷付けるような事を言っても、すぐにその人に対して謝る。

 

です。

他人を笑い者にして笑いを取るのは物凄く簡単なことです。でも、これは一時的で且つ歪な笑いしか生み出さないし、下手すれば相手に不快感も与えるという大きな欠点もあります。これらの事に気を付けることができなければ、その人の笑いに関するIQ(お笑いIQ)は非常に低いのでしょう。

本当に笑えない、生産性のないナンセンスな笑いだと思います。周囲を観察して誰も笑っていない事に気付いてほしいところです。

 

 

ポリシー

これだけは大事にしようと思っている事(物)って誰にでもあると思います。自分自身はそれを大事に守ること、他人に対してはそれを傷付けないこと、そんな当たり前の事をできる人間でありたいと思います。いくつになっても何かを大切にするってのは見失ってはいけない人間らしさじゃないかな。

少しポエマーっぽくなりましたが、今日はこれで(笑)

 

それじゃまた。