読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

深々と突き刺さるものは。

こんにちは、管理人です。

 

卒業後

学校を卒業してから次の学校へ入学するまでの期間、仕事がメインになっており、疲労が溜まっている模様です。

働くのってやっぱり楽なことではないね。まだまだ社会経験は浅いけれど、そんなことをよく考えます。

 

 

 「知らない」と「知ろうとしない」

准看護師の資格取得のお祝いで、彼女から欲しかった本を買ってもらいました。

夕凪の街 桜の国』というタイトルの漫画。とあるラジオ番組で紹介されていた一冊で、前から欲しくて念願かなった感じです(笑)

 
f:id:kamome_movement:20170321100437j:image

 

……舞台は戦後のヒロシマ。三部構成になっており、それぞれのエピソードではいずれも「原爆」がテーマになっています。原爆の恐ろしさや惨さについて描かれているこの作品ですが、被爆に関する直接的な描写は少なく「 はだしのゲン」とは少々異なる表現方法になっていると言えます。

この作品で最も僕の印象に残っているのは登場人物たちの台詞です。もちろん絵のタッチや情景にも作者の感性が反映されていて、目が引かれることは間違いありません。

しかし、それ以上に登場人物たちが発する言葉に重みがあり、悲哀や後悔、自分に対する憤りの感情が混ざっているところがこの作品最大の特徴であり、同時に独特の色を産み出していると思います。 

第一部「夕凪の街」編で、主人公の皆実が原爆の後遺症に苦しめられて亡くなってしまうシーンがあります。この時の台詞が深々と僕の何かに突き刺さった気がします。

恥ずかしながら最初はその台詞の意味がよくわからず、何度か読み返してしまいました。
自分なりに意味を解釈した後、意味が理解できないことは当たり前だということに気づきました。「原爆」の恐ろしさや、投下後のヒロシマの人々について学校の授業の知識ぐらいしかなかったからです。

あとがきで、作者は自身が広島出身ではあるけれど原爆に関することに対して避けてきた。そのことについて知ろうとしなかった自分は不自然で無責任だと思った。原爆の真実を「知らない」人々が、この漫画を通して平和について後ろめたさを持たずに考えられるようになれば....という旨の文がありました。

今回この漫画を読んで、原爆は生き延びた人々の人生までも狂わせてしまうということを知りました。

僕はこの原爆の真実をもっと知るべきだと思うし、今後僕のような人々に伝えていかなければいけないと思います。深々と刺さったものは台詞に込められた作者の思いなのかもしれません。 

 

とにかくいろいろなことに思いを巡らせてもらえた素晴らしい漫画だったなと。知らないことについてこれからもっと敏感になりたいものです。あと、紹介してくれたラジオ番組がこちら↓

http://toilettweets.up.seesaa.net/image/E7ACAC245E59B9E.mp3

結構面白いですよ。よかったら。

 

それじゃまた。