出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

あれから。

3.11

当時大学生だった僕は、ミニカーのように津波に飲み込まれていく車をテレビで目の当たりにして、愕然とした。これは本当に日本で起こったことかと疑うほど恐ろしい光景だった。

 

あれから6年。新聞やテレビを通してしか知ることはできないけれど、震災が残した爪痕は今でも深々と残っている。しかしそれでも前向きに生きていこうとしていく現地の人々の姿を見ることによって、「自分も頑張ろう」と思う。そして、戦争と同じように、震災の恐ろしさを風化させないために「自分に出来ることを考え続けること」を、僕はやめないようにしようと思う。