読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

夢は事実より小説より奇なり。

こんばんは、管理人です。

 

銀行に行った時の話

目的地の銀行には駐車場があるけど、なかなかの狭いスペース。駐車場に入ってくる車を係のおじさんが誘導してくれていました。小雨の降る中大変だろなぁと思いながら、おじさんの誘導するところへ車を走らせます。

狭いスペースの中でも、方向転換を何度も行わないと入れないようなところへ連れてこられました。誘導係のおじさんも、「あ、ここ大丈夫かなオロオロ」な表情で手信号みたいなことをしており、正直運転がそこまで上手くない僕にとっては怖かったです。なんとかそのスペースに停めることができたので良かったのですが、隣に停まっていた車が結構な高級車だったので余計に怖かったです。

何度も何度もハンドル切ったからなんか恥ずかしい(笑)

でも、雨の中でも一生懸命仕事に取り組むおっさんはカッコいいものだと思いました。

 

 

自分自身に質問してみたい

寝ているときに見る夢って、結構意味不明なものが多い。しかも物凄く奇妙で有り得ないような夢であっても、現実であると錯覚してしまっている(僕だけかもしれませんが)のがほとんど。

この前とかシーズーみたいな顔した巨大な白い蛾が家の中飛んでたし。。


f:id:kamome_movement:20170225002250j:image

↑こんなやつ。

「うわぁ~、こいつもしもメスだったらレディー・蛾ガ。」とか意味わからないオヤジギャグを夢の中で呟いてたし。

まあそれは良いとして、なんでそんな変な夢を見てしまうのか自分に質問してみたい。心の中もしくは脳みその中にいる自分はその時なんて返事するんだろう?と思う。

そしてあわよくばもう少し見応えのある、小説のような内容の夢を見たいとお願いしたい。犬の顔した蛾が飛んでるような夢ではなく、減量が辛かったボクシング部時代の夢ではなく、巨悪と戦う孤高のイケメンヒーローになったりする夢とかを見てみたい。でもそれはそれで夢から醒めたときにガッカリするか。。

無意識の中で写し出される夢という映像は、僕に何を語りかけているのか。。。これからもずっと僕を悩ませてくれる事でしょう。

 

 

Twitter

新たに始めましたのでよかったら。

 

 キャモメ (@KamomeMovement)さんをチェックしよう https://twitter.com/KamomeMovement?s=09

 

それじゃまた。