読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

心突き動かされるもの一つ。

こんにちは。管理人です。

 

 クロノスタシス

ふと時間を確認するために時計に目を向けると、「あれ?さっき1秒以上秒針止まってなかった?」て思う経験ありません?

僕は幼い頃から何度かその現象に遭遇してて、それを目の当たりにする度に、「こいつら(時計)は、人間が見ていないところでちょいちょい手を抜いてる。俺は騙されんぞ!」と人知れず時計に対する(勝手な)反抗心を抱いていました。

しかし、この現象は科学的に立証されている「目の錯覚」らしいのです。まさかのこっち側の過失みたいな(笑)

詳しいこと知りたい人はこちらをどうぞ。説明難しくてよくわからんけど。

 


気のせいじゃなかった!時計の秒針が一瞬止まって見える現象 - NAVER まとめ

 

ここまで目の錯覚について説明させてもらいましたが、まだ僕は「実は時計がサボってる説」を捨てきれません。

トイ・ストーリーみたいに、子供が見てないところでオモチャが動き出すようなことがあったっていいじゃない。人形だもの。違うか。

 

 今でも続けていること

趣味というものは、誰かの影響とかなんかのきっかけでとか、そういう事から出来るものだと思います。

僕が今でも継続している事といえば、ゲーム、読書、音楽、独り温泉(あえて独りと書く)です。

ゲームは小学生の頃から大好きで、ひたすらテレビやゲームボーイとにらめっこしては、親から注意される事も多かったのを覚えています。

音楽とか温泉とかは癒しのためですね。風呂にはそこまでこだわりはないんですが、温泉には1時間は入っていられます。

読書については、大学生の時に付き合っていた彼女の影響が大きいです。最初は字を読むだけで一体何を楽しむのか意味がわかりませんでしたが、今では自分の感性の材料として楽しめています。

僕は昔付き合っていた恋人とかの影響はあまり残らないタイプなのですが、何故か読書だけは継続できているみたいです。読書をするという行為が、純粋に自分の中の何かを突き動かしたんだろうと思います。

まあ、たまに読むの飽きてほっぽり出すけど。

あと、趣味かどうかはわかりませんが、不思議博物館にまた行きたい。



f:id:kamome_movement:20161009141032j:image

f:id:kamome_movement:20161009141304j:image


f:id:kamome_movement:20161009141410j:image


不思議博物館/WONDER MUSEUM

 

この博物館にも、僕の中で心打たれる何かがあったんでしょうね(笑)実習終わったら行こう。

 

それじゃまた。