出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

でぃすいず出不精。

こんにちは、管理人です。

平日に自分だけが休みの日、彼女に内緒で借りてきたDVDを一人で観るのを密かな楽しみにしています。

映画
「その夜の侍」という、ちょっと変わったタイトルの映画。ひき逃げ犯とそのひかれた女の夫が復讐を企てるって内容。好きな俳優が結構出てたから観てみたけど、内容はちょっと分かりにくかったかな。人間の弱さとか醜さとかを表現したかったのかわからなかったけど、登場人物の描写がやけに長ったるいし、そのわりにはみんな分かりづらい性格してるし、進行が遅いわりに突然話が進んでたりして、ガチャガチャした感じの展開だった。
でもやっぱり山田孝之はかっこいいね。役柄は最低極まりないひき逃げクズ野郎だったけど、なんか引き込まれる。不思議な魅力を持った俳優だなと今回つくづく思った。堺雅人も瓶底メガネの糖尿男を怪演してて良かった。
俺も彼女がひき逃げされたらああいう風になるのかなーとか思いながら見てたけど、実際どうだろう。やっぱちょっと頭おかしくなるだろうな。
嫁からの死ぬ直前の留守電を延々とリピートしながら、嫁の服とか下着とかを抱き締めて咽び泣くシーン。あそこはちょっと気ちがいじみてたけど共感できた。最愛の人を失うってやっぱツラいよ。男はつらいよ。違うか。

現実逃避は終わったのでまた明日から頑張ります。

それじゃまた。