読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

「黒い家」レビュー追記。


黒い家 感想 貴志 祐介 - 読書メーター

 

サイコパスという言葉に関して、現在では「異常心理」や「異常犯罪者」というイメージが強く根付きつつある。昨今の犯罪は複雑化、異常化、計画の緻密化の一途を辿っており、この名称がここまでメジャーになった要因も、そのような「異常犯罪」の増加が大きいといえる。

しかしながら、このサイコパシー(反社会的人格)を作り上げるのが遺伝による影響、つまり先天的なものなのか、それとも周囲の環境、後天的な影響によるものなのかは解明されていないし、専門家による解釈も区々である。

もっとも、それが分かれば今ごろは犯罪は激減しているはずである。

しかし異常犯罪は増え続ける一方で、更に残忍さを増しているのが現実。

 

この作品はそのような反社会的人格、異常犯罪の増加に警鐘を鳴らしている、というか鳴らしまくっていると思う。

 

これを読んだ後に、「良心の呵責」について少しだけ深く考えた。普通、人間が何か悪い事をする際には迷いが生じる。そこに良心があるから。でも、迷いが生じない人間もいるというのは事実。それはニュースとかを見てればなんとなく分かる。

人間ってのは気付かないうちに変化を続けていて、気付いたときには「人間らしさ」ってものを忘れてしまっているのかもしれない。

「逃げる」ということについて。

こんばんは。管理人です。

 

 笑い方

「同情するなら金をくれ!」

かつて一世を風靡したこのセリフ。聞き覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。安達祐実が扮するドラマの主人公が叫ぶこのセリフ。。。確かタイトルは「家なき子」だったような。

そんな安達祐実も今では立派な大人の女性になってますね。現在はドラマで母親役を演じたり、実際に母親だったりと、昔の「可愛らしい女の子」のイメージを払拭するような活躍ぶりです。

先日、そんな安達祐実が出演するテレビ番組の宣伝を見ました。大人の女性としての魅力を感じる反面、やはり子役時代の印象が強かったためか、思わず「ロリ熟女みたいやね(笑)」と彼女に言ってしまいました。

夕食の仕度をしていた彼女は手を止めて、僕の顔をまじまじ見てこう言いました。

 

「さっきドゥフ(笑)って笑ったやろ?気持ち悪っ!」

 

.....?え?俺笑った?さっき?

 

彼女は性犯罪者を見るような目で僕を見つめていました。あれは明らかに軽蔑の眼差しだったね。それにしても「ドゥフ」とか笑ってないけどな。。「ウフッ」なら言ったかもしれんけど。。。うん、ドゥフでもウフでもやっぱ気持ち悪いな。

 

逃げ方

「逃げる」という行為にはいろいろと意味があると思います。例えば恐怖心からその場を物理的に逃げたり、会話中に自身の立場が悪くなりそうだから別の話題に変えて比喩的な表現で逃げたり。

この行為はしばしば「裏切る」や「見捨てる」といった非常にマイナスなイメージに捉えられることが圧倒的に多いと思います。

僕は以前、会社を突然辞めるかたちで逃げた事があります。毎日のように深夜まで残業をして(まあ、ただ単に自分の理解力や実力が伴っていなかった結果だと思うのですが。)、取引先からは怒られ、心身ともに疲れ果てた末の逃亡でした。その時の上司や同僚の気持ちを考える余裕もないくらい、正直追い詰められていました。

会社が嫌だと思い始めていた頃に、様子がおかしいことに気付いていたのは、両親と今の彼女でした。振り返ってみると、双極性障害の前兆があったと思います。

そんな僕に両親は「逃げてもいいんやぞ。」と言ってくれましたし、彼女からは「仕事続けてる時の方が未来が見えない。」みたいなことを言われた気がします。そこで会社を辞めようと決意しました。今考えれば、正解だったと思います。会社の人たちには恐らく相応の迷惑はかけたと思うし、慕ってくれていた後輩もいたので、無責任な事をしたと思います。けれど、逃げました。両親や彼女から「逃げる」という選択肢を与えてもらったからです。

この人たちがいなかったら、恐らく会社を辞める(逃げる)という選択肢は見出だせなかったと思います。そしてそのまま会社に残り、どんどん孤独になって、自分の精神的な変化を止められなかった事でしょう。

人は人に支えられないと生きていけないと良く言われますが、その通りだと思います。自分の存在を認めてくれる誰かがいて、その誰かに助けを求めれば、必ず助けてもらえます。

その人たちからも逃げてしまえば、あとは孤独が待つのみ。絶対にそんな事はしてはいけない。逃げる対象を見誤ってはいけない。自分を信じてくれる人の事を信じて、助けを求めるべき。

僕は強くそう思います。

 

少々くどい長文になってしまいましたし、誰に発信する内容のメッセージなのかわかりませんが、もしも自分の心が折れそうになったときは、このブログを思い出していただけたら幸いです。

 あと、最近話題になってる恋愛ドラマの内容だと思って見られた方がいれば申し訳ないです。

 

今度はもっと明るい話題をアップしたいと思います(笑)

それじゃまた。

もしもシリーズ。「ナイツ」

塙「どーもー。」

 

眼鏡「改めましてナイツでーすよろしくお願いしまーす。」

 


f:id:kamome_movement:20161117222425j:image

 

塙「突然ですがわたくし肛門見えても」

 

眼鏡「こう見えても、ね。肛門見えたら大変なことになっちゃうから。」

 

塙「こう見えても音楽が好きで、最近好きなアルケミストがいまして。」

 

眼鏡「アーティストね。アルケミスト錬金術師だから。」

 

塙「気になったのでヤホーとグルグルで調べましたので簡単に紹介したいと思います。」

 

眼鏡「ヤフーとグーグルね。テンション上がってなんかグルグル回してる人みたいになっちゃうから。」

 

塙「女性なんですけど、独自の感性があってパフォーマンスが面白いんですよね。」

 

眼鏡「ほうほう。名前は?」

 

塙「木曜日のカンボジアっていうアーティストなんですけども。」

 

眼鏡「水曜日のカンパネラね。」

 

塙「他にも好きなアルピニストがいまして。」

 

眼鏡「アーティストね。アルピニストだったら山登る人になっちゃうから。」

 

塙「クールポコ太郎と言いまして」

  

眼鏡「いやピコ太郎ね。それじゃ杵と臼持ったお笑いコンビになっちゃう。」

 

塙「アイハブアぺーン、アイハブアアッポー、、、やーっちまったなああ!!」

 


f:id:kamome_movement:20161117222613j:image

 

眼鏡「いやいや確かにリンゴにペン刺したらやっちまってるけどそこはアッポーペンでしょ。」

 

塙「他にも好きな歌手がいまして」

 

眼鏡「あぁ、もうアーティスト言うの諦めちゃった。」

 

塙「軒並み4DXというアイドルグループなんですが」

 

眼鏡「たぶん乃木坂46かな?だんだんわけわかんなくなっちゃってるよ。」

 

塙「私の推しメンはオカマちゃんなんですけども」

 

眼鏡「生駒ちゃんね。オカマちゃんだったら完全に性別変わっちゃいますから。」

 

塙「もうほんとに可愛くてね、自己紹介するんですけどもそれがもうたまらなく可愛いんですよね(ニヤニヤ)」

 

眼鏡「なんかニヤニヤして気持ち悪いですが、どんな自己紹介なんですか?」

 

塙「どんだけぇ~!!」

 


f:id:kamome_movement:20161117223114j:image
 

 

眼鏡「もう完全にオカマちゃんだよね。そしてそれIKKOさんだよね。おかしいでしょ。」

 

塙「そんなこんなで音楽が大好きな僕ですが、一番好きなアスリートは」

 

眼鏡「うん、もうアスリートでいいよ。」

 

塙「チャゲ&ケンブリッジ飛鳥」

 


f:id:kamome_movement:20161117222638j:image

 

眼鏡「アーティストなのかアスリートなのかわかんない!いい加減にしろ。どーも、ありがとうございましたー。」

 

 

ギリシャ神話とローマ神話は同じらしい。

なかなか興味深いし面白い。http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/avanti/avanti_vol19.mp3

風呂場の怪奇。

トラウマというものは人によって様々で、それは何かの出来事が原因で起こったものか、あるいはそこに理由や原因などなく、本人にしか理解できない恐怖の体験であるのかもしれません。。。

 

ある夏の蒸し暑い夜だった。

私は体にまとわりついた汗を流そうと、自宅の風呂に入ろうとしていた。

「毎日暑いな~、やだな~怖いな~。」なんて事を思いながら、風呂場の扉の前に立った。
f:id:kamome_movement:20161104012540j:image

その日は両親も寝静まった夜中だったもんで、辺りはシーーーン、、、と、静まり返っていた。唯一の明かりは脱衣所の小さな電球が一つ。ポツン、と光っていた。

「よし、さっさと服脱いで、ジャアアアアっとシャワー浴びてザブゥゥゥンと風呂に浸かるかー。」てな事を一人でぶつくさ言いながら、いそいそと服を脱いだ。とは言うものの焦って脱いでしまったもんで、なぜかパンツから脱いでしまった。着ている物は薄い肌着シャツと趣味の悪いハイソックスのみ。

「やだな~怖いな~これじゃただの変態だな~。」と、これまた一人でぶつくさ言いながらもパンツも脱いだ。
f:id:kamome_movement:20161104012608j:image

すると、ふと、右の臀部に違和感を感じた。

「ん?おかしいなぁ。パンツは脱いだはずなんだけどなぁ。ウ○コ付いてるのかなぁやだなぁ怖いなぁ~。」なんて思いながら、なんとなーく、その臀部に触れてみる。

 

「うううわっ!!!!!」

 

思わず叫んだ。触ったものは明らかに自分の尻ではない、全くの別の感触だった。頭の中ではパニックになりながらも様々な事を思い浮かべている。
f:id:kamome_movement:20161104012625j:image

「さっきのはなんだったんだ?ウ○ンコだったのか?それとも、この世の者ではない、得体の知れない何かか?」

思わず私は尻を揺らした。某深夜番組のオープニング映像のような緩やかな揺れなんかではない。小刻みでかつ大胆なビートを刻む尻の振動を、数秒間続けた。ただただ必死の形相で、続けた。

すると、右臀部の違和感はなくなった。それと同時に何処かで聞いたことのある奇妙な音を私の耳が捉えた。

 

ブウウウウウウン

 

その音がする方へ私は目をやった。するとそこには見覚えのある黒い物体があった。そう、それはゴ○ブリだったのだ。

私は驚きながらも、数歩後ずさりして風呂場の扉を静かに開けた。


f:id:kamome_movement:20161104012643j:image
 

 

いかがでしたでしょうか。私の恐怖体験。

あれ以来、私の尻には何かが引っ付いたりすることなどはなく平穏に過ごせています。

 ちょっと、耳をすませてみてください。ほら、あなたの後ろから聞き覚えのある羽音が聞こえてきませんか.....?

選択×選択=。

こんばんは。管理人です。

 

寒くなってきましたね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?僕は約5ヶ月間の実習を終え、ようやく一息ついているところです。

 

選択

人生は選択の連続という言葉をよく耳にします。限りがあるとはいえど先の長い人生。困難に直面したり勝負に出たりするといった場面で、様々な選択肢と遭遇します。

選択した先に何が待っているのか、そこには二通りの結果しか残りません。「成功」か「失敗」か。この二つの言葉を「勝者」と「敗者」という言葉に置き換えることもありますね。

それでは、具体的に成功と失敗とを分けるものとは一体何なのでしょうか.....。

例えば、片方が金持ちになる、もう片方が貧乏になるという選択結果があるとします。一般的に考えたら前者こそが成功のように思われがちですが、必ずしもそうではないと僕は思います。

これはあくまで僕の意見を前提にした話になりますが、成功か失敗かを分けるために最も大切なものは、周囲の人たちに対する気持ちだと思います。選んだ片方の道を進んだとして、それがもしも億万長者への道だったとしても、そこで協力してくれた人や世話になった人たちへの感謝の気持ちがなければどうなるか。。自分の力だけで成功を遂げたように思い込み、傲慢な性格になっていく(てか、絶対そうなる)と思います。そうなれば結果的に協力してくれた周囲の人々は自然とその人から離れていく。。。これは成功したとは言い難いですよね。

逆に選んだ道が険しくお金もなくて辛い毎日でも、周りへの感謝の気持ちを忘れさえしなければ、誰かがきっと救いの手を差し伸べてくれると思います。

なんだか朝礼の校長の話みたいになりましたが(笑)、僕はそう思いながら日々生活をしているつもりです。

選んだ先がどんな結果か、、それだけにとらわれず、選んでみる前にもう一度自分の周囲を見直してみるのも良いかもしれませんね。

謙虚な気持ちで、たまには少し調子に乗りながら毎日過ごせていけたらと、そう思います。

 あー、でもやっぱり金欲しい(笑)

 

おまけ

世間ではハロウィンらしいから、なんかそれっぽいやつ。右端が俺ね。うん、なつかしい。
f:id:kamome_movement:20161031213123j:image

それじゃまた。

祟り目よりあたりめ。

こんにちは、管理人です。

 

検証

日本三大奇書の一つと言われている「ドグラ・マグラ

福岡の作家、夢野久作の小説です。

興味本位で少しずつ読み進めてはいるのですが、、、やっぱりなかなか難しい(笑)読み終えると何かしら精神に異常をきたすと噂されているいわくつきの小説。今のところつまずきなく読めているからまだ頭はまともか。いや、元々頭おかしいから読めてるのか。。

 

 呪い?

日本人形協会USJに抗議 淡島神社に供養された人形をアトラクション『祟~生き人形の呪い~』に転用 http://www.scienceplus2ch.com/archives/5288697.html #MT2

 

最近世間を騒がせてるみたいですね。人形協会にもUSJにも神社にも、それぞれに言い分があるみたいですが、ホラー好きな僕にとってはなかなか良くできたアトラクションなんじゃないかな、と思ったのが率直な意見。本来の日本人形の役割や目的からは乖離しちゃってる感はありますが、ある意味では必要とされてるわけだから、それはそれで良いのではないかと。

てか、そもそも論やけど、日本人形の佇まい自体が怖いと思う。例えばですが、朝起きて目の前に日本人形の顔とかあったら僕だったら大パニックです。日本人形に対する人の恐怖心は、潜在的なものなんじゃないでしょうか?だってトイストーリーに日本人形出てきたら怖いでしょ。ウッディが呪われちゃうよ~!みたいな。違うか。てか先週に引き続きまたトイストーリー出しちゃったよ。

 

 実習

長かった実習も来週でようやく終わり。

終わったら釣り堀とか行ってみたいな。こういうとこ。


HINTO『しらないまち』 - YouTube

 

悔いの残らないように頑張りたいと思います。それじゃまた。