出不精男の日常と襲撃

日々の出来事を淡々と。

夜明けの波動砲。

※今回の文はなかなかお下劣な内容が多いため、そういう系が苦手な方は、閲覧をご遠慮くださいますようお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝6時。

その日までに提出しなければならない書類を仕上げるべく、必死でパソコンと向き合う。

残り時間はあと数分。徹夜での作業はクライマックスを迎えていた。

「もう少し、もうスコセッシ!!」

アメリカの映画プロデューサーをダジャレに使うほどの疲労感が溜まっていた私は、もう一つの感覚に気が付いた。

 

 

 

 

 

 

猛烈な便意である。

 

 

 

 

 

まずい。このままでは書類よりも自分の分身が仕上がってしまう。そう思った私は、残り僅かな制限時間を使ってでも良いからトイレに行こうと決断した。

 

AM6:05

急いでトイレまで駆け込み、勢いよくドアを開ける。そこにはパソコンや書類など皆無の、ただ排泄するためだけの空間が広がっていた。徹夜でパソコンと向き合って疲労困憊だった私は、その空間に一種の安心感を得ることができた。

ここではただイ〇カ〇ダルへ向かうこと(排泄活動を行うこと)だけに専念すればいい、そう思いながら宇宙戦艦ヤ〇ト(便座)に腰掛けた。

「待ってろよデ〇ラー!!お前にこの特大の波動砲(ウ〇コ)を喰らわせてやる(汚い)からな!!」

 

AM6:07

ヤ〇トに跨り波動砲を装填する。

「装填準備OK!!いくぞ!!波動砲はss...」

突然何かを忘れているような感覚に陥る。

なんか忘れてる。なんだっけ??そのまま波動砲発射しちゃいけない気がする。。え?マジでなんだったっけ??えっと、やばい波動砲そこまで来てるから早く思い出さなきゃ、なんだっけ。。。。

 

 

 

 

 

 

そうだ。

今日検便の日だった。

 

 

 

 

AM6:09

急いでドアのところまで行き、横に画びょうで貼り付けていた検便キットを手に取る。

「あっぶねー。忘れるとこだったぜ。でも思い出してよかった。早く済ませよう」

すでに波動砲は肛門付近まで到着しており「来ちゃったキャハ☆」状態である。

状況は切迫しているが、もう手元に検便キットがあるから大丈夫。。。

 

 

 

 

 

やばい。

検便キットの使用方法がわからん。

 

 

 

 

 

本格的にまずい。このまま発射してしまうといろんな物質とか水分とかと混ざるじゃん!?それダメじゃん!!じゃどうすんの?意味不明な自問自答。慌てて携帯で検索する。

あった!!

 

あ、こういう風にすんのね!なるほどなるほど!!よし!!!そうとわかれば心置きなく!!!!

 

 

 

 

AM6:11

波動砲発射っっっっ!!!!

 

 

 

AM6:15

無事イ〇カ〇ダルへ到着。私は清々しい気持ちで再びパソコンの前に戻った。

 

管理人「さらば~便意よ~、旅立つ船は~、宇宙~戦艦~(笑)」

 

嫁「ねぇ。」

 

管理人「あ、え!!お、起きてたの??お、お、おっは~!!」

 

嫁「このプリンターのコンセント抜いていい?ヒーターのコンセント抜けてて付けれんくて寒いっちゃけど」

 

管理人「あ、すみません。どうぞ...」

 

こうして私の小さな宇宙旅行は幕を閉じたのであった。

 

fin...

根津甚八で得られたもの。

どうもこんばんは。管理人です。

 

実習

通っている学校で実習がありました。今回を合わせて3度目。思い起こせば、今まで経験してきた実習は、色々と問題が発生したこともあったり楽しいこともあったりで(楽しい思い出はほんの少しだけど)とてもじゃないけれどこのブログでは語り切れないエピソードが満載です。

いろんな実習場所でたくさんの経験をしてきたことは、僕の知識にもなり価値観にも繋がっているのですが、今回の実習はなかなかの強烈な経験となりました。

具体例を言うとするとそれこそ語り切れないのですが、簡単に文にすると

 

 

 

睡眠時間が圧倒的に少ない

 

 

この一言に尽きました(笑)

これまでの実習では、その日の記録を書き終えるまでになかなか眠れないことがあったのですが、それでも3~4時間は睡眠時間を確保出来ていました。しかし、今回は翌日の朝6時まで延々と記録を書き続ける所謂「エンドレス記録記入」なるものが存在し、帰宅してその時間まで記録を書き続けそのまま実習先まで寝ずに向かうという今考えると本当に恐ろしい時間を過ごしました。まあ、簡単に言えば記録物が多すぎて終わらずに参ったという話です(笑)

とあるバラエティ番組で、ある芸人さんが昨晩は徹夜をしたという意味で「寝ずの晩を過ごして根津甚八だった。」と言っていたのを思い出しました。当時中学生だった僕は徹夜とか考えた事もなく、根津甚八さんがどんな人かも知らず、そしてまさか自分がそんな状況に置かれるわけがないと思っていたものですから、他人事のようにケラケラ笑っていました。

もうあんな経験したくありません。また来年もあるんやけども(笑)

 

 

頑張っても越えられないもの

仕事をしていたり、勉強していたりすると、どうしてもここが苦手だとか、頑張ってもやはり思った通りに事が進まないという経験をこれまでいくつか積んできました。

人間は完璧ではないし、個人差とかもあるから、そんなのは当たり前だとも思います。

しかし、何度も失敗を繰り返して、その失敗をこれ以上繰り返さないために工夫を凝らしたりするのは結構大事だと考えるようになりました。

一朝一夕に失敗を成功に変えるということは難しいです。でも、何度も何度もその苦手な事と対峙し、逃げずに立ち向かい続ければ、少しはましな結果を得られるもんだと、今回の実習では学びました。

物凄いエネルギーは必要になるけどね(笑)

 まあ、ほどよく努力を怠らず、時には怠って成長できたらと思います。

 

それじゃまた。

 

キャモメ

(@KamomeMovement)https://twitter.com/KamomeMovement?s=09

雨について考える。

雨の日はどうしても気分が優れない。気持ちも落ち込むし、放っておくとどんどん深い疲労感の沼に沈んでいくような、そんな状態になる。

気分が悪いと、集中力がなくなって何に対してもイライラしたり作業が捗らない。

気持ちが落ち込むと心の中で嫌な思い出を勝手に引っ張り出してしまう。

雨の日は苦手だ。

思い。

人は、大切な人を失ってしまったとき、何もすることが出来ない。

なぜなら、もうその人はこの世の中には存在していなくて、その人の気持ち、意思、感情等も消え去ってしまってどうしようもないからである。介入する術がないのだ。

 今回の文章が普段以上に稚拙なポエムのようになることは先に断っておきたい。

 

大切な人を失った人の心のダメージは計り知れないと思う。そして、先に述べたようにその人に対して何もすることが出来ない。残された人達の心の傷は癒されるどころか、無力感や後悔の念によって深く深く抉られてどんどん痛みは増長していく。悪循環の連鎖なのである。

もしも自分自身で自分の存在を消し去ろうとしている人がいるならば、もう一度考え直して欲しい。残される人たちの気持ちを、その人たちから愛された記憶を。

何もかもがなくなってしまうのだ。

 

どうか、自分の歩いてきた足跡を、自分の存在を否定しないでほしい。

 

私は、人が人を必要とする力を信じたいと思う。

OSOB鑑別困難問題。

日常生活を営んでいて、ふと疑問に思ったり、謎だと感じてしまうことに遭遇する。例えば、凄く危険な運転をしている人が行儀よくシートベルトを装着していたり、お金がないと言いながら高い服を購入しSNSにアップする人がいたり。「ん?それって変じゃない??」と思う事案は生活している中で結構な頻度で発生する。

その中でも「オッサン(OS)なのかオバハン(OB)なのかどっちなのか鑑別が難しい問題」に関しては、「地球と宇宙に関する謎」のような永遠のテーマ感があると勝手ながら思っている。

私は大学時代、電車を利用して通学していたことがある。公共交通機関を利用する人は当たり前であるが私だけではなく、また大学生だけというわけでもなく、老若男女問わず誰もが利用する移動手段なのである。しかし、男女ということに関して、私はたまに自らの理解の範疇を超越した人物に遭ってしまう事がある。それが「オッサンかオバハンなのかよく分からない人」なのだ。

まず、この絵をご覧になっていただきたい。
f:id:kamome_movement:20171003075730j:image

これは見方によってはうら若い女性の横顔にも見えるが、虚ろな目をしている老婆のようにも見えるという有名なだまし絵である。

私は前述したような件の鑑別困難の人物を見ると、この絵を思い出す。そしてこう考える。「見方や角度を変えるとどちらか判別できるのでは?」と。

しかし、結果は変わらないのだ。なぜなら、

 

「だましている当の本人はだます気など更々ない」

 

からなのである。至極真っ当な考えである。確かに、彼らは、いや、彼女らは(このような際にはどう表現するべきかも判断できずに困る)普通の生活を営んでいるだけであって、頭を抱えて苦悩して発狂寸前なのは他でもない私個人なのだ。

また、一度この事案に対して試みたことがある。それは、「声を聞いて判断する」という鑑別方法である。そう、自分自身の聴覚を頼りにオッサンかオバハンを判別するのだ。

ちょうど電車内で隣にいる友人に話しかける様子だったそのオッバン(以降はこの名称で述べていく)の声に耳を傾ける。そして自分の聴覚に全神経を集中させる。

男性にしては高い、女性にしては低い声だった。私は余計にわからなくなり、更に混乱した。そもそも人間が物事を判断するうえで、一番必要だといわれている視覚で迷いが生じている時点で私の判断力は白旗を上げているのも同然なのである。私はその時に悟った。

「男か女かを判断するのは周囲ではなく、彼、あるいは彼女自身なのだ。」と。

 

しかしながら私にはいまだに「どっちなのか知りたい」という欲求が頭をもたげる時がある。

オッサンオバハン鑑別法の完成は、地球と宇宙の謎の究明以上に困難なものなのかもしれない。

泣けども汗をかけども。

こんにちは、管理人です。

 

もう8月ですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?僕はこの時期万年熱中症でパワーダウンしております。。説得力は全くの皆無ですが、皆さん熱中症には十分お気をつけくださいね(笑)

 

 シンドラーのリスト

軽い気持ちで借りたこのDVDですが、強い衝撃と感動をおぼえたので今回紹介させていただこうと思います。

 

第二次世界大戦中のナチスドイツによるユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)と、その差別に立ち向った主人公、オスカーシンドラーユダヤ人の命を救っていくというストーリー。

この映画はテレビやラジオで名作としてよく紹介されており、借りた時も興味本位で手に取ったというのが正直な気持ちでした。

僕はもちろん戦争を経験したことがないし、戦争を経験した祖父や祖母から体験談を聞く機会もありませんでした。戦争は「いけないことである」、「非人道的であること」とは漠然と思ってはいたのですが、「終わったことは自分には関係のないこと」、「今が平和であればそれでいいのではないか」と心のどこかで思っていた自分がいたのも事実です。このような考えを自分が持っていることに気付き、同時にその考えは間違っていると痛感させられたのは、この映画が当時の戦争や差別を生々しく鮮明に描写していたからだと思います。

最後のシーンで、「このバッジで2人の命が救えた」と涙ながらに語る主人公の姿は、戦争という狂った世界を浄化できる唯一の希望のようにも見えました。

今世界では、新たな独裁者による虐殺や、暴力による利権の独占をめぐる争いがすでに始まっています。

僕はこの映画のような悲惨な物語が繰り返されないように、そして戦争という不毛な争いで世界が再び狂ってしまわぬように、何かしらの行動を起こし、警鐘を鳴らし続けていきたいと思います。

 

 

 久々に

大学時代の友人と飲みに行きました。いやー、楽しかったです。時間を忘れて思い出話に花を咲かせるのはいつ以来だろうと思えるくらい楽しい時間でした。長く続く友人関係って、なかなかの宝物だなと思えます。

 

気が付けばこの夏ももう30回弱迎えています。年齢の増加に反比例するように暑さに対する抵抗力は著しく減弱しているように感じます(笑)これからもっと抵抗力減っていくんだろうな。やだやだ。来年の夏あたり体の一部が溶けてるかもしれん。それはさすがにないか。。いやすでに溶け始めているかも。。違うか。

皆さん本当に体調にはお気を付けて、僕も溶けないように努力します!笑

 

それじゃまた。

 

キャモメ です。ツイッターもやってますので、よかったらフォローお願いします。(@KamomeMovement)https://twitter.com/KamomeMovement?s=09

ラーメン合戦夏の陣。

どうもこんにちは、管理人です。

 

 変化

小説を読むスピードが早くなった気がします。それに伴ってか、視力も物凄く落ちました。右目でメガネかけて0.5って、メガネかけてる意味あんまりないですよね(笑)

それではいきましょう。

 

醤油ラーメン

学校での昼食の時の話。コンビニで醤油ラーメンとアメリカンドッグを購入。店員さんから、「アメリカンドッグは揚げたてなので熱いかもしれませんが...」と言われました。揚げたての方が好きな僕は意気揚々と教室まで戻ろうとしました。しかし、学校には電気ポットがなく、コンビニでお湯を入れなければいけないことをすっかり忘れていました。

出かけたコンビニからまた戻って、お湯を入れていざ学校へ。

すると、タイミングを見計らったかのような通り雨。

しばらく待ちましたが、やむ気配なくむしろ雨足は強くなる一方。しかたなく早歩きで戻っていたのですが、更に雨が酷くなってきたのでこれまたしかたなく走りました。久方ぶりのランニング(?)で次第に左足に違和感と痛みが出現。。日頃の不摂生が祟りました(笑)

 醤油ラーメン片手に激走する姿は、さながら聖火ランナーのそれだったと思います。
f:id:kamome_movement:20170802084259j:image

↑こんな感じ。

足の張りと疲労感を感じながら啜る醤油ラーメンは、なんとなく美味しかった気がします。

 

 

ラーメン合戦スピンオフ

醤油ラーメンばかりに気をとられっぱなしでアメリカンドッグの存在を忘れていました。やっぱり少し冷めてました(笑)

 

毎日暑い日が続きますが、水分補給は忘れずに、適度に休憩入れてきましょう。あと、雨の日にお湯入れたカップ麺持ち運ぶ時には気を付けてくださいね!そんなやつおらんか(笑)

それじゃまた。